土葬

インターネットの片隅で、壁に向かってシャドーボクシングをしています。

ライフゴーズオン

 人間が生きようとしなくても、その人間の人生は続く。とても残酷な当たり前の話だ。

 人生にもポーズボタンがあったら、とこれまで何度願ったことかわからない。死ねないのならせめて、時間は進まないままで途中休憩をとらせてほしい。

 

 フィギュアスケートの選手の精神は強靭だ。転んでも、すぐに立ち上がって、演技に戻る。氷上に倒れたその瞬間にも、音楽は流れ続ける。演目の時間は有限だ。どんなにショックを受けていても、立ち上がって舞わなければ自分に与えられた時間は過ぎ去っていくばかりなのだ。

 完璧な演技はそれはそれで一つ、驚嘆に値する精巧な芸術品なのだけれど、フィギュアスケートにおける転倒には何か、生きていくことそのものへの示唆が感じられて、そのしなやかな精神に、我々は完全さとは異なる美しい人間の在り方を見出だしているのだと思う。

 

 フィギュアスケート選手と、楽器を演奏する人と、舞台で演技をする人を尊敬している。よく、人がたくさんいるところで「本番」をできるなぁ。

 自分には出来ない。

丸3日、ほんとうに何もなさなかった。

延々とアニメを見たり、ありえないくらい寝たり、インターネットのどうしようもないホームページを見たり(ツイッター含む)、だらだらソシャゲを進めたり、とにかくあらゆる方法で時間を溶かしていた。

部屋は散らかったままだったし、ずっと行きたかった買い物にも行かなかった。なんなら1歩たりとも外に出なかった。

息苦しい。心ゆくまでのんびりと過ごしたいと思っていたのに、すぐにそんな自分にがっかりきてしまっていた。苦しくて仕方ない。ここ2週間ぐらいずっと頭の動きが鈍い。休まないままも、休みすぎるのも、ダメだ。そんな両極端な休み方しかできない自分も、ダメだ。

みなしご

 理想の家族像、あるいは、一般的に幸福な家族のイメージがあるとする。

 実はかなり多数の人が、自分が生まれ落ちた家族orつくりあげた家族に満足していないのではないか、と思う。家族という場に対する基本的な愛情とか信頼を、適切にもてている人って、実はけっこう稀で、みんな何かしら胸に抱えて「家族」に関わっているのではないか。

 どこで身につけたかわからないけれど、「家や家族は当たり前に自分が安心できる、落ち着ける場所なのだ」という固定観念がある。自分の家族がそんな場所だった記憶などないのに、いつの間にか刷り込まれていた。一般像ってものは不思議である。社会に積極的に関わっていようがいまいが、みんななぜか「普通」を知っているのだから。

 先日、家族を主題にしたドラマを見た。遺産を目当てに、息子や娘を自称する詐欺師が老いた父親のもとに集まってくる。そんな筋書き。血が繋がっていることと家族が良い関係でいることは関係ないのだ、という示唆が感じられた。なんの努力もなく家族が家族たりうるなど幻想だ。それは親にとっては残酷な現実かもしれない。仮に愛して生んだ子であっても、子にとっては苦しいばかりの家でしかないなど、恐ろしい話だと思う。

 自分の家は、血の繋がった人々が極度に不器用に互いを気にかけながら生活をしているため、あまり居心地が良くない。お互いのことをよく知りもしないまま、時間だけを共有してきただけの共同体。“自分たちは家族だ”という妄信にとりつかれたひとびとが、痛み分けをしながら棲んでいる。息が詰まりそうだと思った。久々に帰ると、実際、ほんとうに胸が苦しくなる瞬間さえある。あの中にいると、否応なく自分もこの必要以上に繊細すぎる血を引いているのだと直視させられる。

 苦しい。自分のホームははなからこの世に用意されていないのではないかと思った。家はただ身体を休めることしかできない。むしろ、家の外に出ていたほうがかろうじて、生き生きとした自己を感じられる。しかし家の外も、不特定多数の他者にさらされる、油断のならない空間に他ならない。それに、活動に出ていくわけなので、身体は疲れる。この世のいたるところが、アウェイであり、寓居だった。どこにいても、自分は間借りしている余分な存在だ。

 心も身体も落ち着いて休めることのできる場所を、他の人々はもっているのだろうか。実は、普通に過ごしているように見えるみんなも、自分が実際的に有している居場所に、多少の居心地の悪さを覚えながらだましだまし暮らしているのだろうか。

 自分はときどきたまらなくなる。返せなくなった疲労の負債が襲ってくるのだ。助けてほしい、と思うけれど、助けの手を借りられるほど自分は価値のある存在ではないとも思う。

 ただただ、この世が息苦しかった。死ねないから死なないでいるだけで、生きているわけではない。他人に比べて自分は人間関係が希薄なのだろうと考えるたび、果てしない孤独が心臓を握りつぶす。家族がいるのに、まるで天涯孤独の身のようだと錯覚する。そんなふうに勘違いするには、あまりに恵まれた環境にいる。そのこともまた、自己への憎悪をかき立てる。

上がると下がるものってな~んだ?

テンション

 

 

 

 

なんかちょっと放置してる間にめちゃくちゃ閲覧数ふえてた日があるんですけどこれはどういうことですか おしえてアルムのもみの木

日々のひび割れ

 余計な息抜きをしないように、スケジュールを詰め詰め(当者比)(誤字でない)で過ごしている。余分な時間があると大したことのない人間はろくなことを考えないからである。とにかく忙しくしていれば日がな一日ベッドで過ごして「タヒんでしまいたい・・・」などと無為に過ごす日が限りなく減少する。そして外に出ていれば、そんな塞ぎ込みがちな心を社会的な自己で塗りつぶすことができるのだ。

 かといって、ずっと忙しくしている間に気がついたらなんだか時が経っていた、なんていうことになり虚しくなるのも、またシンドイものがある。心を亡くすと書いて忙しい。

 その辺のさじ加減がうまくなりたい。